デジタルゴールドビットコインは、価値保存手段から用途拡大へ注目が集まり、今年43プロジェクトが資金調達を実施。

概況

ビットコインの用途が拡大 デジタルゴールドとして知られるビットコインは、価値の保存以外にもさまざまな用途で注目を集めています。2023年に入ってだけでも、ビットコインの経済圏に関連する43のプロジェクトが資金調達を受けました。これにより、ビットコインは決済システム、スマートコントラクトプラットフォーム、金融サービスなど、幅広い分野での応用が期待されています。

ニュース

ビットコイン経済圏、今年に入り43プロジェクトが資金調達
デジタルゴールドと称され時価総額は約200兆円にも及ぶビットコインは、従来の単純な価値の保存手段としてだけでなく様々な用途の拡大に注目が集められています。Crypto Times 編集部

ビットコインの月次推移

Monthネガティブポジティブ
2024年 6月11件21件
2024年 5月2件14件
2024年 4月13件32件
2024年 3月12件33件
2024年 2月8件24件
2024年 1月11件38件
2023年 12月5件8件
AI判定について

仮想通貨関係のニュースのタイトルと見出しから、GoogleのAIを活用してポジティブかネガティブかの判定をしています。
購入に際しての責任は負えませんのでご了承ください。

ビットコインを買える取引所

  • 豊富な銘柄数
  • 国内最大級となる26銘柄の取り扱いがあります
  • 東証一部上場
初心者でも使いやすい「ノーマルモード」と、各取引サービスや日本円の入出金などがご利用いただける 「トレーダーモード」をご用意しています。
シェアボタン
  • URLをコピーしました!