リップルCEOは、SEC委員長が仮想通貨分野での法令違反を厳格に監視している一方で、銀行が同様の問題でほとんど罰せられないのは二重基準だと指摘。

概況

リップルCEOがSEC委員長の二重基準を暴露 リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOが、SECのゲイリー・ゲンスラー委員長が仮想通貨分野での法令違反を厳格に執行している一方で、ウォール街の金融機関には甘すぎると批判しました。ガーリングハウス氏は、ゲンスラー委員長が仮想通貨業界を「野蛮な西部」と表現し、仮想通貨企業に厳しい規制を課そうとしている一方で、ウォール街の金融機関には甘い処分を科していると主張しています。

ニュース

リップル(Ripple)CEOが二重基準を暴露=偽善が蔓延る金融界
リップル (Ripple)のブラッド・ガーリングハウスCEO(最高経営責任者)は、SEC(米国証券取引委員会)のゲイリー・ゲンスラー委員長が仮想通貨分野での法令違反を…NEXTMONEY

リップルの月次推移

Monthネガティブポジティブ
2024年 6月2件5件
2024年 5月0件5件
2024年 4月1件16件
2024年 3月4件14件
2024年 2月6件18件
2024年 1月9件19件
2023年 12月5件3件
AI判定について

仮想通貨関係のニュースのタイトルと見出しから、GoogleのAIを活用してポジティブかネガティブかの判定をしています。
購入に際しての責任は負えませんのでご了承ください。

リップルを買える取引所

  • 豊富な銘柄数
  • 国内最大級となる26銘柄の取り扱いがあります
  • 東証一部上場
初心者でも使いやすい「ノーマルモード」と、各取引サービスや日本円の入出金などがご利用いただける 「トレーダーモード」をご用意しています。
シェアボタン
  • URLをコピーしました!