リップルのCTOデビッド・シュワルツ氏は、暗号資産業界のボトムアップ成長を支持し、批判への反論を展開している。同氏は、リップルは国際送金システムを改善するために独自の技術を開発しており、明確なユースケースを持つ企業であると主張している。

概況

リップルCTOのデビッド・シュワルツ氏が、暗号資産業界の一部からの批判に対して反論。Rippleはボトムアップからの成長を遂げていると述べ、より幅広く採用されるためには、規制の明確化とガイドラインの強化が必要だと主張した。

ニュース

リップルCTOインタビュー:ボトムアップからの成長、批判への反論(CoinDesk JAPAN) – Yahoo!ニュース
リップル・ラボ(Ripple Labs)の最高技術責任者(CTO)、デビッド・シュワルツ(David Schwartz)氏は、暗号資産(仮想通貨)業界の一部、特に暗号資産エックス・…Yahoo!ニュース

リップルの月次推移

Monthネガティブポジティブ
2024年 6月1件5件
2024年 5月0件5件
2024年 4月1件16件
2024年 3月4件14件
2024年 2月6件18件
2024年 1月9件19件
2023年 12月5件3件
AI判定について

仮想通貨関係のニュースのタイトルと見出しから、GoogleのAIを活用してポジティブかネガティブかの判定をしています。
購入に際しての責任は負えませんのでご了承ください。

リップルを買える取引所

  • 豊富な銘柄数
  • 国内最大級となる26銘柄の取り扱いがあります
  • 東証一部上場
初心者でも使いやすい「ノーマルモード」と、各取引サービスや日本円の入出金などがご利用いただける 「トレーダーモード」をご用意しています。
シェアボタン
  • URLをコピーしました!