リップルが中央銀行向けCBDCプラットフォームを展開し、RippleNetパートナーのTrangloは国境を越えた決済ソリューションを発表しました。

概況

リップルが中央銀行向けのCBDCプラットフォームを立ち上げ、政府と金融機関向けに設計。これにより、トレーサビリティと透明性を強化した公式デジタル通貨の発行が可能に。 さらに、リップルネットワークパートナーであるTrangloは、国境を越えた決済ソリューションを発売。これにより、国際送金がより迅速かつ安価に。

ニュース

リップルによるRipple CBDCプラットフォームを立ち上げとRippleNetパートナーによる国境を越えた決済ソリューションの発表
リップル(Ripple)は、中央銀行、政府、金融機関の利用を可能にすることを目的としたRipple CBDCプラットフォームを立ち上げたほか、RippleNetパートナーTrangloが…NEXTMONEY

リップルの月次推移

Monthネガティブポジティブ
2024年 6月2件5件
2024年 5月0件5件
2024年 4月1件16件
2024年 3月4件14件
2024年 2月6件18件
2024年 1月9件19件
2023年 12月5件3件
AI判定について

仮想通貨関係のニュースのタイトルと見出しから、GoogleのAIを活用してポジティブかネガティブかの判定をしています。
購入に際しての責任は負えませんのでご了承ください。

リップルを買える取引所

  • 豊富な銘柄数
  • 国内最大級となる26銘柄の取り扱いがあります
  • 東証一部上場
初心者でも使いやすい「ノーマルモード」と、各取引サービスや日本円の入出金などがご利用いただける 「トレーダーモード」をご用意しています。
シェアボタン
  • URLをコピーしました!